パーマカルチャーについて、勉強しておいてよかった

f:id:kazuto47:20190203105617j:plain

こんにちは、いつもありがとうございます。

北海道を拠点にガーデンデザイナーをしているおはなうえるくま1号です。

昨日の日曜日は、お休みにすることができませんでした。

北海道のお庭のシーズンは、ほぼ半年と考えてもいいので、半年ゆっくりな時間があるのだからと言い聞かせてます(笑)

みんなそうかな(^^)

コゴミ、ギボウシを植える

f:id:kazuto47:20180529231929j:plain

前略

なんか梅雨入りしたところもあるとか。

いかがお過ごしですか?

今日は、お花の植え込みでした。毎年ですが、4月、5月は前の年の秋に作ったお庭の植え込みが多くて、新しい工事がスタートできません。お待たせしていてごめんなさい。

梅雨といえば、紫陽花ってのが定番ですが。こちら北海道では梅雨の時期に紫陽花が咲きません。この時期にキレイで紫陽花のような場所に植えることができるコゴミ(クサソテツ:Matteuccia struthiopteris)とギボウシ類(Hosta)はやっぱり6月の雨の景観にとっても似合うかと思っています。

クサソテツはいたるところに生えていますが、こちらには時折畑の畦道にもギボウシの原種を確認することができます。どちらも分布の広い植物なので日本のどこでもある風景かもしれません。

そこで、今日の現場では、オーナー様がまだクルクルのクサソテツを見て「美味しそう」っておっしゃったんですよね。それが面白くって。だって僕もそう思いますから。

水族館に行って青魚の群れも「美味しそう」っておもいます、僕の場合は。カニはちょっと苦手なので。美味しそうに感じません。カニが苦手ってのは贅沢な問題で、まだまだ僕の小さいころは市場に出せないカニとかを両親がたんまりもらってくることがあって、3日間カニ!みたいな日があって飽きたのです。「なんと贅沢な」と怒られますが、正直飽きました。

そりゃあ、身がプリプリにつまったカニとか美味しいのは知っていますが、トキメキがなくなりました。あ、ロブスターは大好きです。

www.ohakuma.com

話は逸れましたが。コゴミです、下ごしらえはとても大変だけどとっても美味しいですよね。植物的にはクサソテツってのが言い方としてあっていて、食べ物としてはコゴミってのがいいようです。今年は料理するのをのがしました。もう少し高い場所に行けば採れるかな。

またギボウシも美味しいんです!

ウルイって高級食材があるらしいのですが。それは食べたことがないので知りませんがギボウシはマジ美味しいです。酢味噌和えがオススメです。ギボウシはそのウルイみたいに緑の葉っぱ以外を食べることができて、好きな道草です。
保証はできませんが、僕は特に山に入らずに園芸品種を食べています。品種でちょっと味が違うよ(笑)

なんだか、食べ物の話みたいになってしまいましたが。美味しいガーデンってのもいいものです。案外、漢方だったりする園芸品種が数多くあります。そんなものをとりいることができたら素敵なガーデンかなって思っています。

毒のあるものも多いので気をつけてくださいね。

上の写真は、今回の現場とは違って昨年植えたクサソテツとギボウシになります。

今日は、このへんで。

したっけ!また。

草々

2018/05/29 おはなうえたくま

花よりこごみなあなたへ

師匠のお庭とエディブルフラワー

前略

先週の話なんですが、毎年の恒例行事的になっている師匠に会いに月形町へ行きました。月形町は僕がガーデンの世界に導いてくれた師匠と先輩のいる会社があって、そこにお花の苗を買いに行っています。

f:id:kazuto47:20180520104201j:plain

ここは師匠のプライベートガーデン。あまり大きくない敷地に木陰あり、日向あり、たくさんの発見があるお庭になっています。隣のおばあちゃんの山野草のお庭や、奥の栗の木など。少しずつちゃんとテーマに分かれていてとっても勉強になります。

素材的にも高価なものは使っていなくて、既製品を使うデザイナーも日本には多い中、フェンスもゲートもすべて自分でデザインしていて。そのことは、僕の原点になっています。

f:id:kazuto47:20180520104204j:plain

最近、師匠はエディブルフラワーでも人気で。地元テレビ局の取材の準備をしていました。

blog.goo.ne.jp

まぁ、師匠というよりはガーデン界のオカン的にいろいろと面倒を見てもらっています。

独立しても、お世話になりありがたい存在です。

いつもありがとうございます。

では、また書きますね。

したっけ!また。

草々

2018/05/21 今日はタイムを敷いたくま

先輩と社長へ

おいしそうなサラダ

いつもより暖かい春が、あっというまに過ぎてなんだか初夏の空気感が漂います。
ぼさっとしているものだから、野菜を植えるのに大慌て。
用事があって、作ってみました野菜の寄せ植え。
スイートバジル/スイスチャード/レタス

ボウル型のテラコッタに植えて、サラダボウルみたいな(^^)

では♪( ´θ`)ノ

]朝日にレタスとスイスチャード 朝日にレタスとスイスチャード

トマトソースを作る

ちょっと前の話になりますが、トマトを全部収穫しトマトソースを作りました。
トマトだけではなくニンニク、タマネギ、ニンジンを入れて。 他の野菜も入ることによってコクがますそうです、トマトだけで作ったことがないのでわかりませんが(^^;;)
しかも全部がミニトマトなんでとてもトマトの味が濃いソースになりました。
今回使用したトマトは、ブラックチャリーという品種が主になっているのでとても色が濃くまるで宝石のようです。IMGP8629
輝くトマト

IMGP8630
マネギから炒めて

 

IMGP8633

半分ぐらいの量になるまで煮込み、あとは冷凍し冬の間にトマトが食べたくなったときの保存食になります。家庭菜園があると、トマトがいっぱい採れてソースにしたりと楽しみが増えますね。また、自分が畑から作ったソースは他よりも美味しく感じますよ、食べられるお庭はやっぱり大賛成です。

では(^^)/

 

キャベツの美しさ

IMGP8664
バラのお花は基本的にはロゼット状に巻き込んでいるから美しいとされています。例えばオウムガイのようなことなのですが。
ここでひとつ野菜にも注目。そロゼットがとても美しい野菜と言えばキャベツではないかと思います。

このキャベツはモデルガーデンで収穫したもので、苗を植えてからは無農薬なので外側の葉っぱレース状に(笑)これも美しい?それは、人それぞれですね(^^)

では!

おいしい家庭菜園

夏野菜の収穫時期が来ました。モデルにしている事務所前のガーデンでの収穫です、ズッキーニや茄子、ピーマン、キャベツ、キュウリ、トマトと日々収穫できてます。

苗を植えてからは農薬を使っていないのでキャベツはこんなにもレース状に(笑)モンシロチョウへのおすそ分けですね。

f:id:kazuto47:20180228231504j:plain

日々の収穫が多くて冷蔵庫の野菜室もパンパン(^^)、ってことでオシャレにラタトゥイユに挑戦です!(^^)/

f:id:kazuto47:20180228231548j:plain

家庭菜園でとれた野菜は、畑作業の努力の隠し味も効いてとっても美味しく頂きました。「花より団子」美味しいお庭は、オススメです!♪

では、また!