魯般尺に頼る

お庭の設計するとき「これから新しく作るお庭で住まうかたが幸せになって頂くこと。」と考えます。当たり前かもしれませんが考えます。
そこで、より良い方法はないかと考えたときに巡り会ったのが魯般尺です。魯般尺は教科書で出てきた中国の歴史上の人物とおなじで名工や天才学者のように言われていますね。いまでも、ホームセンターなどに売っている差金に、財、病、離、義、官、劫、害、本の8文字が5.4cm間隔で刻まれていて本来ならば宮大工さんが使う寸法で、その8文字に吉凶が別れる風水の値になっているそうです。例えば簡単な話にすると財の値をつかうことによってそこに商売をやっている方なら財産の集まったり、病の値にすると病が多くなったり。はたまた公務員のような方の場合は官にすると管理能力があがり良いそうです。あまり詳しくは勉強していないのでここまでしか書くことができませんがそのような吉凶を占うことができるそうです。
そこで、お庭を設計するときはその吉凶の風水尺の吉の値を使って設計しています。先ほどの例に習ってお客様の願いや展望、暮らしを俯瞰的にみて値を入れるように心がけています。
お庭を素敵にすること事態が、とても吉事(緑を配しキレイにするので)ですが。「どうせつくるなら縁起のいいお庭」になって幸せに欲しく思います。お庭は意外と手入れも大変ですし維持する体力、人手、心持ちもあり、オーナー様の土地のなかでいろんな良くも悪くもいろんなエネルギーや風が通ると思うのでその吉数で結界をつくるようなイメージで設計や施工を行いお庭にプラスのエネルギーが満ちるよう想いをこめています。

また魯般尺を用いてお庭を作るようになって気がついたことがあり、不思議なことに魯般尺を用いた事によってより美しい、使いやすい、手入れしやすい、お庭になったように思います。作った側の一方的な考えなので実際のところはどうか。これから10年などの日数が経ってみないと答えは出ないとおもいますが(^^;)

では、また。画像は設計のときに自分が使っている早見表です(^^)

以下参考文献 http://hand-made-home.com/daiku/daiku-48/daiku-48.html

財、ザイ、タカラ(吉)、福徳、財宝、天富星  この寸に当れば常に宝多く、富貴する也。
病、ビョウ、ヤマイ(凶)、絶命、病気、天疾星 この寸に当れば常に病人多く、悪き寸也。
離、リ、ハナル(凶)、禍害、離散、天逃星   この寸に当れば親に離れ、子、家、田畑失う
義、ギ、サイワイ(吉)、遊年、義快、天順星  この寸に当れば繁昌し喜び多く全て成就する。
官、カン、ツカサ(吉)、天屋、官進、天爵星  この寸に当れば官位進み農商は、よくなる。
劫、コウ、カスムル(凶)、遊離、盗難、天刃星 この寸に当れば家に盗人絶えず萬に損あり
害、ガイ、コロス(凶)、絶対、災害、天破星  この寸に当れば度々死人多く憂い悲しみあり
吉、キチ、ヨシ(吉)、生家、名誉、天祥星   この寸に当れば家に良き事有り常に喜び多し

魯般尺 早見表

 

トマトソースを作る

ちょっと前の話になりますが、トマトを全部収穫しトマトソースを作りました。
トマトだけではなくニンニク、タマネギ、ニンジンを入れて。 他の野菜も入ることによってコクがますそうです、トマトだけで作ったことがないのでわかりませんが(^^;;)
しかも全部がミニトマトなんでとてもトマトの味が濃いソースになりました。
今回使用したトマトは、ブラックチャリーという品種が主になっているのでとても色が濃くまるで宝石のようです。IMGP8629
輝くトマト

IMGP8630
マネギから炒めて

 

IMGP8633

半分ぐらいの量になるまで煮込み、あとは冷凍し冬の間にトマトが食べたくなったときの保存食になります。家庭菜園があると、トマトがいっぱい採れてソースにしたりと楽しみが増えますね。また、自分が畑から作ったソースは他よりも美味しく感じますよ、食べられるお庭はやっぱり大賛成です。

では(^^)/

 

うけつぐ本

IMG_2614

この本は、僕の祖父母が二人でつかっていたもので先日札幌へ行った際に遺品の整理でいただきました。とくに一番上のキノコの本は、小さい頃手を引かれて入った山で開いていた記憶があります。ページの余白にはレシピらしきメモも書いてあり、今の僕にはなんのレシピなのかはさっぱりわからないのですが、懐かしい文字の気配をかんじました。
キノコの知識はさっぱり無く、これをもとに少しずつ勉強していこうかと思います。
薬草の本も、30年ほど前のもので今ではなかなか手に入らないのような記述もあり、驚きがあります。薬効の研究は古いものは中国三千年の歴史からはじまっているわけで。僕の主観でおそらくですが、西洋医学が発達した現代には使うことがなく、語り継がれや、読み継がれての知恵袋的な知識から落ちていったものが沢山あるのではないかと思うことがあります。
春に、西武ドームでコンテストガーデンを作った際に見に来たお客様で、まるで絵本の仙人のような人が「君のつくるお庭は中医学的にもいいね、あなたの気のむくままにつくりなさい」と言われたことがありました。
仙人のような人のお言葉、残された本、食べたくなってしまう道草や薬草。これは抗えないものかもしれません。
遺伝なのか、運命か(笑)
では♪

おすすめ宿根草:パニカム‘ヘビーメタル’

[2018/3/3リライト]

f:id:kazuto47:20180303231833j:plain
パニカム・ヘビーメタル/Panicum virgatum ‘Heavy Metal’

 いつもありがとうございます。今回はおすすめの宿根草をアップです。

パニカムってなんだ

学名;Panicum virgatum ‘Heavy Metal’

パニクムってのが日本語でいうキビ属です。イナキビのキビで間違っていないかと思いますがこちらは園芸品種なので食べられないかと思います。あの「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ってあるかと思いますが、こちら園芸品種のパニクムは、あんまり頭垂れません、ツンデレってわけでもないんですが、だって育てやすいですから。またそのそよぐ姿が美しいんですの。

なんでグラス?もっと可愛いのがいっぱいあるじゃん

 宿根草のお庭に欠かせないのがグラス植物です。ほんとですよ!かわいいのが、いっぱいあるのもわかっています。

  なぜかというと大雑把な話ですが、私たちの地球上の植物のシェアの7割はイネ科植物とのこと。私たちの食べる米、麦、トウモロコシなど世界各地で主食にもなっていますよね。あと牛さん、羊さん、の餌である牧草のイメージもあるかもしれません。

人の心に訴えかけるのがグラス

 そのような人の心にある景色の潜在意識のこともあって、グラス植物は人の心の深い部分に安心感をもたらす効果があります、なのでお花畑のなかにも少しグラス植物を入れるとナチュラルでバランスが良くなりオススメなんです。

 そのなかでもオススメなのがパニカム。今回はヘビーメタルをおすすめしていますが、どのような品種であれ、日本全国的に良い株になりやすく風にそよぎ、若干のお花の色が独特な雰囲気をかもします。

 いかがでしょうか?グラスを入れることによってお庭にも立体感が出やすく、育てやすいのでオススメしています。

 他にもオススメはいっぱいあるのですが、今日はこのへんで。

では、したっけ(^^)

ポール・スミザーさんもおすすめ


参考文献:

キビ属 – Wikipedia

実るほど頭を垂れる稲穂かな – 故事ことわざ辞典


ガーデンとランドスケープデザインの木野花園計画

Kino Garden Project Co. /木野花園計画 – ガーデン、ランドスケープデザインの木野花園計画


人気の王子くん記事はこちら

猫ログ カテゴリーの記事一覧 – おはなうえるくまらいふ

レンガの土管

レンガの土管が使いたくなり豊頃のレンガ工場へお邪魔しました。こちらは少し割れてしまって製品にならなかったもの。レンガの土管は畑の排水用によくみかけるのですが、最近はちがう工法が出来て来ているようで、ぱったりと使っているのをみなくなりました。
でも、この赤が少しノスタルジーで牧歌的なお庭を演出しそうです。また、他にも色々と見せていただきました。
いつもありがとうございます。

では(^^)/
IMGP8693

キャベツの美しさ

IMGP8664
バラのお花は基本的にはロゼット状に巻き込んでいるから美しいとされています。例えばオウムガイのようなことなのですが。
ここでひとつ野菜にも注目。そロゼットがとても美しい野菜と言えばキャベツではないかと思います。

このキャベツはモデルガーデンで収穫したもので、苗を植えてからは無農薬なので外側の葉っぱレース状に(笑)これも美しい?それは、人それぞれですね(^^)

では!