イギリスの素敵コンテナを解説します。園芸店をまわりました:チェルシーフラワーショー滞在日記3回目、その8

f:id:kazuto47:20190428102745j:plain

こんにちは、いつもありがとうございます。日本でイングリッシュガーデンという言葉が一つのお庭のジャンルになって、とりあえず日本庭園の反対側みたいなイメージで使われることが多いかと思います。

いろんなことがあるかと思いますが「お庭はどこで作っても洋風とか、イングリッシュであるとか、日本庭園であるとか関係ないかな」なんて思っています。それを説明してもあくびが出る話なので割愛します(笑)

そんな本場のイングリッシュガーデンのナウい現実的な部分を見れる場所である園芸店を見ることができました。

イギリスの園芸好きの人が集まって苗を選ぶ場所に足を運ぶでできてとっても勉強になりました。

というか大盛況でびっくりでした。おじいちゃんも、おばあちゃんも、小さい子も、若いご夫婦も幅広い世代がいらっしゃいました。

どのような仕事であっても、消費や一般の視点から離れてしまってはダメなことってありますよね。

続きを読む

イギリス滞在日記2回目5日目:植物を探しに行ってきた

f:id:kazuto47:20190214042042j:plain

こんにちは、いつもありがとうございます。
今回の渡航の次の目標であった植物の調達に行きました。ホーティ・ローキさんは数々のチェルシーフラワーショー のお庭の宿根草、多年草を納品している会社であり、園芸店もあります。では、本題へ。

写真左から、主に植物のコーディネイトをしてくれたりまた様々な難しい英語の部分をカバーしれくれているオーティスさん。2番目はホーティ・ローキのダニーさん、3番目ミキさん、おはなうえるくま1号です。

(さらに…)

続きを読む

まだガーデンは春の様子@鶴居村

前略

先日、昨年つくらせていただいたガーデンのメンテナンスに行きました。場所は釧路市の北、車でおよそ40分ほど走った村です。

オーナー様の仲間が集まる素敵な別荘群になっています。
その一部をメドウガーデン風に作らせていただきました。別荘の計画時から図面のやり取りをやらせていただいたので、とてもまとまりの良い空間ができたと思っています。

さて、本題の鶴居村で咲いている宿根草、球根植物を。

続きを読む
メニューを閉じる