恵庭へ行ってきた、ニュースに負けないで

恵庭へ行ってきた、ニュースに負けないで

こんにちは、いつもありがとうございます。ガーデンとかランドスケープのデザインをしている柏倉一統です。今日は日記です、ちょっとブログを1週間ほど休んでいたので、日記から再開です。

こちらの道の駅にできる公園のお仕事を少しいただいておりますが、今回はお庭のほうのお仕事です。

本題は一番上の写真のことです。

最近何かとオリンピックやロックダウン騒がしい世間になっています。みなさまいかがお過ごしでしょうか(^^)

僕が単純に言いたいことは、ネガティヴな情報を浴びすぎないで自然を感じて欲しいことです。ただいま僕のTwitter、facebookなどのタイムラインにはネガティヴなニュースが沢山の人がシェアしています。

沢山の人々が亡くなったり、大切な人がなってしまったりと沢山の辛いこともあるとこと思います。しかも経済的にも問題が起こっている方、起こるのが目に見えている方もいることでしょう。でも自然はまた繰り返します。

北海道の田舎にも雪がとけて大地が見えてきました。

人は希望があると木を植えることができます。

逆説をすると、

木を植えると希望が持てます。

ただの言葉遊びかもしれませんが、行動から気分が変わることも、どこかの有名な大学がレポートを出していたはずです。

「辛くても、頑張って笑顔であれば幸せになりやすい」みたいな話です。花見は控えるように言われていますが、窓から愛でる、通りすぎて愛でるくらいはできるかと思います。

しかもある程度このブログにアクセスしている人ならばスマホを手に持っているかと思います。桜にむけてシャッター押してみましょう。

来年も絶対、桜は咲きます。

日本は植物、自然風景で季節を伝える言葉が沢山あります。

桜とみたら瞬間的に春を感じます、

クリと聞いたら、秋と焚き火の香りを感じるものです。

来年も絶対、桜は咲きます。

こちらは雪がとけました。

ほら、寒さを感じるでしょう。

では、しったっけ!

2019年、バーミンガムでみたプルヌス

コメントを残す