鹿追町でランチ、オムライス&ハンバーグ@カントリーパパ

こんにちは、いつもありがとうございます。

先日、鹿追町で新しいお庭のお打ち合わせがありまして。またまた鹿追町でランチを探し、今回はカントリーパパさんに行ってきました。

鹿追町は帯広市から車で1時間はかかる距離なので、行ったら少し観光したい気分になります。ランドスケープデザインの視点から見てもその土地の流行っているお店を楽しむのも大事なことだったりするんですよ。

小さな「県民ショー」や「ブラタモリ」みたいなことです。

オムライス&ハンバーグ

今回僕が注文したのは、オムライス&ハンバーグです。一番モリモリ食べることができそうだったので選びました。もちろん、オムライスもハンバーグも別々になったメニューもありました(^^)

オムライス&ハンバーグ@鹿追町カントリーパパ
オムライス&ハンバーグ@鹿追町カントリーパパ

とろっとろの玉子のオムライスで玉子も鹿追町の有名な玉子を使用しているそうです、またハンバーグも懐かしの手ごねハンバーグのあじわいです。

体にも良い雰囲気の味わいでした。

単純に、美味しかったです。

メニューはこちらです。

https://www.countrypapa.com/c/restaurant/

外観と店内

店内の様子は、木目の美しいコテージ風で。開放的な天井など北海道らしさ、北海道感を満喫できます。

店内@鹿追町カントリーパパ
店内@鹿追町カントリーパパ
外観@鹿追町カントリーパパ

写真には写っていませんが、広大な敷地が芝生になっていて木々も美しく残されています。

ランドスケープデザイン的余談

デザイン的な余談ですが、こう行った施設を設計する際に陥りがちな店前に駐車場を作ってしまうことが実際におおいのです。

ですが、こちらのカントリーパパさんは店の前に駐車場がなくて素敵な芝生を前景にお店が道路から見えるんです。

こういった配慮が人気のお店の元にもなっているのかもしれません。

今の、エコで快適な暮らしの建物の指標に「グリーン」というのがありますが、その設計のプロセスにも、建物の正面に駐車場を作ってはいけないことになっています。

ちょっと歩くことで、自然を感じるエッセンスを設けたり、建物と建物の合間に緑化のバッファーを設ける意味があったりします。具体的な話はとっても長くなりますので割愛します。

北海道の優しい味がします

てなことで、余談を挟んでしまいましたが。

とってものんびりとした雰囲気を味わえて、優しい味がしました。また行きたいお店の一つです。

では、また。

したっけ!

ウェブサイト

北海道十勝・鹿追町 レストラン&コテージ 『カントリーパパ』

地図

こちらもおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です