チェルシーフラワーショー工事14日目(5/19)の回想日記
Photo by Tatsuya Shirai

チェルシーフラワーショー工事14日目(5/19)の回想日記

こんにちは、いつもありがとうございます。

工事の日記もこれで最後になります。この日はジャッジの日になります。ジャッジに向けて最終的な確認と片付けを行います。

家具が入る

写真は前日のものですが、家具が入ります。僕たちが用意したのはパーゴラを作ったデイブさんのガーデンファニチャーです。大まかなデザインを描いて、自由にデイブさんが装飾してくださいました。石の天板はオーティスさんとタツさんのご提案です。

未季さんのブルーの着物の帯がセンタークロスになります。

工事が終る

工事の指揮をとっていた白井達也さんも、少し早めに終えることができてホッとした現場とおっしゃっていました。

工事の人数は制限もあり少なく、様々なトラブルはあったもののちょっとだけ早く終えることができ、細部の確認をできたことはうれしく思いました。

土木工事チームの連携の良さ、植栽チームの正確さ。

僕たちは感謝しかありません。

ありがとうございます。

お庭の看板がついた

とうとうお庭の看板がつきました、真ん中には小さなポケットが空いていて、そこにメダルが入ることになります。

ドキドキしたのを覚えています。

YouTubeを撮影した

ジャッジを終えてみんなの紹介のYouTubeを撮影しました。

ガラパーティーのためにスーツを購入

工事をちょっと抜けてスーツを買いに行きました。というのはガラパーティーに出席することになったからなんです。

また、日本で着ていたスールはスポンサーのお願いで回っていた時に破ってしまったのです。なので、日本からはスーツを持ってきていませんでした。

なので、改めてイギリスの格安服のお店で購入しました。

正直な話、僕の体型にもあったスーツがイギリスには多くありました。

夜はみんなで打ち上げ

漢方の庭を作ったメンバーで合宿所近くのパブで夕食を食べました。

無事に工事が終わったことに一安心でした。

では、こんなところで。

したっけ!

次は、プレスデイとガラパーティーです。

コメントを残す

メニューを閉じる